FPGAボードとPC、USBで簡単に接続する方法があります。


USB経由でPCから簡単操作できるFPGAボード

FPGAといえば、専用のプログラムケーブルを用いて書き換える必要があり、PCと接続するのもやっかいと思っていませんか?実は簡単にPCとUSB接続できるFPGAボードがあります。PrimeSystems社のFPGAボードはUSB経由でFPGAの書き換えやFPGA内のリソースへのアクセスが可能となっており、Xlinx/Altera両社の7万ゲート相当の小規模なものから430万ゲート相当の大規模なものまでラインナップされていますので、必要な規模のものを選択いただけます。FPGAはピンマイグレーションと言って同一パッケージで内部の回路規模の違うものが用意されていますが、これらのボードはいくつかのサイズの同一ピンデバイスに対応できるようになっています。
USB経由でPCからFPGAに読み書き

FPGA内の制御レジスタやメモリはUSB経由で読み書きできるようになっています。PC側の制御ソフトウェアも無償で提供され、VisualBasic 2010 Expressサンプルプログラムも供給されますので、独自のアプリケーションも作成可能です。対応OSはWindows7(32bit/64bit), Vista, XP(SP2)32bit, XP(SP1), 2000(SP3), Solaris10, Linux (Ubuntu8.10, openSUSE11.1rc1)と充実しています。メモリ転送ではUSB2.0対応FPGAボードでは40MBytes/sの転送速度を達成できます。この機能を用いて、PCから簡単にFPGAボードの設定を変更したり、データを出力したり、またボードからのデータを読み取ったりすることができます。
USB経由でFPGAをプログラム可能

FPGAの回路は電源を投入するたびに外部からプログラムするか、専用のコンフィギュレーションROMからダウンロードする必要があります。FPGAやコンフィギュレーションROMへの書き込みは通常専用のプログラムケーブルが必要ですが、このFPGAボードは通常のUSB経由でプログラムをすることが可能です。さらに消費電力の小さいボードならば、別途電源を供給しなくてもUSBからの電源供給だけで動作をさせることも可能です。どこでも手に入る細いUSBケーブルで、データの読み書き、プログラム、電源まですべて対応できる便利なFPGAボードは手軽に治具や測定装置、検査装置などを作るのに適しています。
FPGA回路は是非、GroveDesignServiceへ

あとは回路の中身です。FPGAの回路なんて設計したことがないという方もご安心。お客様の代わりに私たちが

お客様が実現したい回路を提案し、設計いたします。


こういう機能を実現したいというレベルでもOK、一緒に実現方法を考えます。お気軽にお問い合わせください。FPGAのご自分で設計可能な方はご自分でするのもよろしいですが、これらのボードに慣れたGroveDesignServiceに任せてみるのも、時間と費用の節約になるかもしれません。また、全部でなくても一部でも設計します。雛型だけ提供させていただき、あとはお客様で発展させる方法もよいかもしれません。是非ご検討下さい。
アクセスカウンター